フレッツ光の代理店情報

フレッツ光を申し込み開通工事が行われて、はじめてインターネットの利用することができます。
そんな、フレッツ光の申し込みから開通工事までの流れをご説明します。

フレッツ光の申し込みは、電話申し込みか、NTTの公式HPの申し込みフォームから行う事が出来ます。
申し込み後にパソコンやルーターなどの機器の設定に使用する書類が送られてきます。
この書類は、インターネットの利用に必要なアクセスキーやお客様IDが記載されているので、
失くしたりしないように大切に保管しましょう。
もしも、書類が届かなったり、紛失してしまったらNTTに問い合わせてください。

開通工事の日程は指定することがでますが、土日、祝日は別途費用がかかります。
また、引っ越しシーズンなど工事が混み合うときには、希望日にできないこともあるので、余裕をもってご連絡ください。

工事には二つの種類があり、住宅のタイプによって、
工事担当者がお伺いする派遣工事か、工事担当者が訪れない無派遣工事か決まります。
工事にかかる時間は派遣工事だと一時間ほどで終わりますが、状況によっては多少前後します。
また、セットアップサービスを申し込んでいる場合は、さらに一時間ほどかかります。

工事が終わってもまだインターネットを利用する事はできません。
工事が終わったらまず、パソコンやルーターなどの機器の設定する必要があります。
この設定はセットアップサービスを申し込んでいる場合は、工事担当者が行ってくれますが、
そうでない場合は、ご自身で行うことになります。

設定を行う際に用意するものは、
NTTから郵送されてきた書類、パソコン、NTTからレンタル提供される、ルーターなどの機器です。
設定は郵送されてきた書類の中にある、設定ガイドとCD-ROMを使いながら行います。
設定にかかる時間は人にもよりますが、目安として特に手間取らずに済めば20分ほどで終わります。
もし設定がうまくできないとお困りの際は、NTTに問い合わせると設定の仕方を丁寧に教えてくれます。

以上がフレッツ光のインターネット開通までです。
簡単に流れを説明すると、申し込みを終え、開通に必要な書類がおくられて来てから、
開通工事、最後にパソコンなどの設定となっています。
また、NTT東日本とNTT西日本とでは、開通までの流れはだいたい同じですが、
申し込みから工事までの期間が違って、東日本は1週間~10日で西日本は2週間程度と西日本の方がかかります。
もしも、開通までの流れで気になる点や不安なことがあるようでしたら、早めに解決しておきましょう。
フレッツ光 代理店